CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
メールフォーム
リンクその2(バナーS)
qtrvspop 雑ログ
amazon
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
雑ログ
夜な夜な
blog 003.JPG


marimekkoでもらった、おっしゃれ〜なCDなど聴きながら、marimekkoとは全く共通性のない地味〜なおうちばきを編む。


blog 006.JPG
THE 地味


セーターを編みかけていたのを、ほどいて、結局くつしたに変更したので(根性ナシですが、何か?)この↑地味なおうちばきが何足も生まれました。手元には無いけど、しかし、この糸、見飽きた、、、。最後に自分用に大きいのを、、、と、25センチ見当くらいで始めたら、26センチもいけそうなすごいのが出来ました(片っぽ)。超重ね履きの上履きにはちょうどいいか(当然、家限定)と、そのままもう片っぽに突入。下に余裕de10枚履けそう。ウール100のフットウェアは、暖かいですよ。おうちばきは、1日で1足編めてしまうのが魅力ですが、来年は、やっぱりちゃんと靴下編もうと思います。


クリスマス連休。くるみちゃんは、ショールームのお姉さんからプレゼント(もちろんおやつ!)をいただいてご機嫌で帰ってきました。分かるらしい(笑)。明日は病院。抜糸できるかな?
意外な盲点。エリザベスカラーは、お耳が蒸れます。ちょっと赤くなってきて、痒そう。かなりボロボロになってきたし(食べてる部分もあるのが、くるみ流)。なにより、そろそろ人間がケガしそう(マジ)。頭から挑んでこられると、プラスチックの縁で顔とか切りそう!

| 手作業ログ | 20:14 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
そして冬支度
image.jpg
簡単靴下の本を母に奪われたので(1足編んであげたけど、もっと替えが欲しいらしい)、ならば、大物。今年こそはウェアを完成してみたい、、、と、セーターです。簡単仕様で、同じものを4枚編んで、はぎ合わせるだけ。と言うと簡単そうだけど、私にとっては難しいですが。なんせ、途中で飽きたり、失敗したら「え〜い!!」と、放り出したりするもんで。


image.jpg

パターンはとっても簡単なんだけど、できるかな。

ちなみにここまでは、2日で頑張ったのだけど、その後、手をつける時間がなく、ちょっと放置されています。早く復活しないと、忘れる、、、
最近は、この手の↑段染め糸がお気に入りです。勝手にグラデーションが出来てくるので、なんだか、勝手にソレっぽく見えてくれるようで、ちょっといい気分になれます(単純)。

頑張って、出来ました報告が出来ますように(祈)←祈るより手を動かせー

ちなみに、なんと、魔物くるみてんの棲む暮らす茶の間でも、編み物は実はできるのですヨ。時々、あわやこれまでか、、、という危機に瀕したりもするけれど、一応大丈夫(それは大丈夫って言っていいのか?)。

試す時は、ドキドキした。
| 手作業ログ | 09:00 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
猪谷さんの靴下1号 経過
 猪谷さんの靴下1号B.JPG
地味だ・・・


引き返し編み1号が出来たところで、やっぱり猪谷さんの靴下にチャレンジしてみよう!
ということで、急遽、レッツ トライ。あの表(くらしの手帖)を解読するのは私にはまだ無理だよね〜と思っていたので、糸の用意がなく、とりあえず手元にあった糸で、とりあえず3本どり。(本当は4本どりで、踵部分などはもう1〜2本増やすようだけど、まずは3本から。というか、↑しか使えそうなのが無かった。)。
それ(くらしの手帖の表)ばっかり風呂で眺めてた頃にはぜんぜんチンプンカンプンだったけど、しばらく離れていて、久しぶりに見ると、なんとなく繋がるもので・・・。いけそうです。踵までクリアー(一の針と三の針がどっちがどっちか分からなくなって、失敗してるとこもあるけど、ニットだし、あんまり分からないのでそこは流す)。肩に力入ってるのか、手にも力入って、またもや目が詰まり気味なせいもあるのか?踵の曲線が、ぴーったりフィットしそうな感じ。随所に猪谷さんの工夫というか発明があるのが分かります。ど素人なので、余計に感動。いちいち目の数を数えなくて良かったり、段の数を数えなくて良かったり、一度解読できれば無精者には実は編みやすい方法なのかもしれません。


ところで、くらしの手帖誌面で例として出ている目数のサイズが、勝手に23センチくらいだろうと思っていたら、よくよく見たら21.9センチサイズ対応でした。道理で、履けるけど私には小さいはずだ。私の手の引きが強いのもあるけど、もともと小さくもあったのですねー。なるほどー。というか、靴下って、なんとなくほぼフリーサイズなイメージがあるのだけど、これくれいきっちりサイズがあるってことは、それだけフィット感が研究されているということで、すごいなーと思います。完成して試着してみるのが楽しみです。(私にはキッチリすぎると思うけど、一応試着はするのだ)
| 手作業ログ | 09:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
引き返し編み1号完成


1号踵アップ.jpg
踵アップ




引き返し編み靴下1号.jpg
全体
左右で若干大きさにバラつきがあるのはご愛敬。



1号お手本.jpg
お手本(右の赤いの)


わりとゆるめのフィット感。重ね履きに良さそうな感じになりました。これは母に履いてみてもらいます。


| 手作業ログ | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
引き返し編み
引き返し編み1.JPG

打倒、引き返し編み。

靴下編むなら、やはり「引き返し編み」の踵が編めなければ、なにか負けた気がするので、今まで減目で作る踵専門でしたが、今回はなにがなんでも引き返し編み。5回くらい解いて解いて、やっとつかめたかも↑。昨日はヨガもサボって編み編み。これ↑の前に、ウールの2本どりで編んだ「減目かかと@猪谷さんの靴下エッセンスちょっと入り」の地味靴下は、ただいま姉が試し履き中。なにしろサイズがぴったりにできてしまったので(偶然)、フィット感もそこそこあって、暖かいらしく、今のところ好評です。意外にあれはあれで良さそう。↑こっちの靴下の方が、もしかしたらフィット感はゆるいかもしれないなぁ。って、今回、ゆるめに編んでいるのだった(いつもサイズが小さくなるので・・・でもゲージはとらない)。
さて、踵さえ制覇すれば、つま先はなんとかなるでしょう。一気に仕上げたいところ。


引き返し編みアップ.JPG
 
踵、アップ。(出来てる?)


ちなみにこれは、嶋田俊之さんの「手編みのソックス」の最初の方に出てくる靴下。9割は眺めるだけの美しい靴下たち。後半にでてくる編み込みの靴下なんて、きっと一生無理だと思う(笑)!

手編みのソックス.jpg
| 手作業ログ | 09:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2010秋の編み仕事
手編み靴下1.jpg
blueさんビンゴ(笑)

今週は先生の都合でヨガがお休みだったのもあり、春に編みかけて片っぽの途中でお蔵入りしていた靴下を引っ張り出してきて編んでました。急に朝晩冷えてきて、暖かい靴下が必要になったから…という、必要に迫られてでもある…。というわけで、珍しく一気に完成。しばらく寝かせていた間に、輪編みが前よりスイスイっと順調に編めるようになってた気がするけど、とはいえ、春先に編みかけてたより、糸の引きが緩かったらしく…、やはり糸の引き加減は今後も課題。そして、この引き返し編みを使わない減らし目だけで爪先も踵も編んでしまう方法では、やはりフィット感は今一つ…なのかな。
しかし、もともと家でたくさん靴下重ね履きした時のオーバーソックス的に大きいものが欲しくて、メンズサイズで編んでたわけなので。7枚履いて一番上、に履く分にはなんら問題はなく、むしろ窮屈感ゼロにて良い具合デス。もちろん、これ1枚で履いたらば、ズルズル脱げますが。なによりかにより、ウール100の手編みは、暖かいです。これに尽きる。

次は、素直にレディスサイズで編もうかな。




手編み靴下2.jpg
一応靴下のような形になったらしい。
暮らしの手帖から、猪谷さんの靴下編の編み方をほんの少し取り入れまして。そのおかげで、踵のフィット感が少し増していると思われます。やっぱり、ちゃんと引き返し編みで踵が編めるようになりたいなぁ。
| 手作業ログ | 13:23 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2010S/S
201004081459000.jpg


ようやくスタート。
もちろん、ウール100(!)
春夏に向けて(秋冬の間違いでは・・・)、段染かつウォッシャブルな、いわゆるソックヤーンというやつを仕入れてみました。

近頃、お風呂で熟読している「暮らしの手帖」に「猪谷さんの靴下」という記事があって、すごく興味深い。解読を試みていますが、私レベルではイマイチ分からない・・・ので、今回は、分かる部分だけ一部取り入れてみようと思います。どうにかして、ちょっとだけでも取り入れてみたい。(←ミーハー←猪谷さんの靴下もミーハーって言うのかは疑問。)
2011A/Wスタートまでには解読して、猪谷さんの靴下(スキー靴下なのですね)を編んで、それ履いて雪山に行けたら完璧(野望)。

| 手作業ログ | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ひとまず片っぽ
201002220946000.jpg
パッと見、それらしい感じにはなったのではないだろうか。
細かい部分はおいといて・・・


会社の昼休みや、ボクのお相手の合間を縫って、チマチマチマチマチマチマチマチマチマチマチマチマチマ・・・土曜日にようやく片っぽ完成しました。
手編みウール靴下って、そんなものだと思うけど、フィット感はやはりイマイチ・・・。デフォルトのサイズよりだいぶ小さいとは言え、私が素足で履くと、スルスル落ちて脱げて行く。靴下版 松の廊下のような(?)。しかし、確かに暖かいし、重ねて履いて4枚目、にはきつくも無く、ずり落ちもせず、ピッタリなのです(6枚目でもいけそうだけど、伸びすぎたら怖いので試してない笑)。

少々伸びても、洗濯したら確実に縮むと思うので、歩留まり、どのくらいの感じになるのかなー
着用してー、伸びてー、洗濯してー、元の大きさに戻るー、だと嬉しい(笑)
とりあえず、地味にもう片っぽの完成を目指そう。
| 手作業ログ | 10:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ゲージがコワイ
201002190928000.jpg

月曜から思い立ち、久しぶりにチマチマと編み始めた靴下。身頃(?)と踵まで終了。後は甲から爪先にかけてを残すのみ。先が見えてきました(片っぽだけど)。去年、踵部分の引き返し編みで挫折したので、今回は、たた&たた夫の編み物入門にあったシェイプドコモンヒールという技法でチャレンジ。サクサク進んで、もう踵なんて怖くないです。怖いのは、メリヤスはぎだけ。

なんて。編み方以上に、一番コワイことは別にある・・・
それは「ゲージ」。ゲージで完成品のサイズが決まってくるわけです。一応、最初に10センチ四方編んで、様子をみてはみたつもりだけど・・・。靴下だから、どちらかと言うと目が詰まってた方がいいよね、と、段々いつもの癖が出てきて、改めて現実を直視したらば、目が詰め詰め(涙)。詰まってた方がそれは暖かいと思うけど、もう春だし・・・。夏糸でリベンジするか?

これはこのまま編んで自分用に(ちょっと嬉しい笑)。
靴下は編む分量も少ないし、チマチマ作業で楽しいです。またちょっと編み熱復活かも。しばらくは、この編み方で色を変え、糸を変え、編んでみようと思います。

しかし、夏糸も良いけど、ニットはウールが一番カワイイと思う。
| 手作業ログ | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チクチク
ストール使用前

3〜4年使っているごくごくシンプルなストール↑
薄いベージュで、夏場でもスッキリ使いやすいのですが、ちょっと顔映り的に寂し気だなーと思っていて。突如、雰囲気を変えてみたくなり…

ストール使用後

最初は、布端にちょこちょことランダムにブランケットステッチでアクセントを。のつもりでしたが、ストール自体が薄ーくて頼りないので却下(ステッチのつもりがほつれさせそう)。ならば…と、貝ボタンをつけて、ついでに麻糸でチクチク並縫いを入れてみました。遠目にはあまり分からない程度ですが、だいぶ雰囲気が変わりました。シンプルー、から、ちょっと手作り感。やっぱり無いほうが使いやすければ、すぐ元に戻せるし。しばらくこれで↑使ってみようと思います。

アップ

ボタンはГ3並び
| 手作業ログ | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |