CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
メールフォーム
リンクその2(バナーS)
qtrvspop 雑ログ
amazon
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
雑ログ
<< 今年の抱負 | main | 片付けの魔法 >>
またまた

昨年、一昨年と、牡蠣小屋でアタリ、昨年は天神のど真ん中で救急車まで呼んで(苦)。
もう絶対牡蠣なんて食べない!と誓っていたくせに、また新年早々アタルという。

日曜の夜に、ご近所さんから「牡蠣飯炊いたから!」とおすそ分けを頂き、「牡蠣飯は大丈夫!」となぜか自信満々に食べてしまい、きっちり2時間後。テレビでぼんやり「アバター」なんて見ていたら、なんかムカムカ、ゾクゾク(←寒くなる)。ふと「そういえば、牡蠣食べた!」と思いついたところから、嘔吐、嘔吐、嘔吐の嵐。牡蠣飯ちょこっと食べただけだから、たいしたことはないだろう(牡蠣の身?自体2粒くらいしか食べてないしー)。と甘くみていたら、ぜんぜん。3時間ほど、吹くような嘔吐に苦しみました(苦苦苦)。同時に寒気がして、寒くて寒くてトイレに籠もっていられないので、スーパーのレジ袋抱えてヒーターの前で倒れこみ、、、(←迷惑)。起きては、トイレへ駆け込む、、、。今回も、胃の対応が早かった?ので?下から下すことはなかった分、全部、上から戻しました。あぁ、今回も苦しかった(涙)。合間に、毒消し毒消し、、、とブツブツ言いながら、ふらふらと大根をおろして、無理やり食べたり、梅干かじったり(怪しい、、、)。果たして、それらの効果はあったんだろうか(謎)。


寒くて寒くてたまらないので、嘔吐が落ち着いたところで、お風呂に入るも、体がきつくてじっくり温まるまでお湯に浸かっていられず、、、。幸い、気分が悪くなる前に湯たんぽは仕込んであったので、湯たんぽ抱えて眠りました。

昨日が休みだったので、1日寝て過ごし、今日からは出勤可な、哀しいサラリーマン体質(去年も会社は休んでない)。


今回、自宅だったしで、戻してる最中にも背中をさすってもらったりしてて、それがすごく気持ちよかったというか助かったというか、ありがたかったので、次から、もし誰か具合悪そうにしていたら、自分も背中さすってあげようと思った次第です。
姉も(←牡蠣はダメな人)食べたので、私の姿を見て「自分もくる!」とビビッてたようですが、姉は大丈夫だったので、私は、今度こそ、本当の本当に牡蠣は飯でもなんでもダメみたいだ。

| 健康&若作り美容ログ | 11:09 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
もう、牡蠣は絶対ダメだよ〜(^^;;
私も年明け早々すごいダメージ受けたけど、やっと復活したところ。。
お互い、厄落とし終わったと思うことにしようね〜(^^;;
| blue | 2013/01/19 8:23 PM |
もう 10日も過ぎて居る。
迂闊。
私はね、レストランで、カニサラダを食べてから、超酷い蕁麻疹で1週間も耐えた事が有ります。
それ以来、カニ、エビなどは食べない事にしています。

その上、敏感な アルコールアレルギー・・・付き合いでなんて オチョコ半分で、大騒ぎに成るほどです。

美味しくても・・・我慢しなね。
| koto | 2013/01/26 1:40 PM |
blueさんへ

お返事遅くなってごめんねーーー(苦)
年明けから、今さら厄年か!ってくらい、いろいろあって、家も仕事も忙しくって、もうなんか死んでる、、、

そうそう、あとは、上っていくばかりよね(希)

blueさんも牡蠣?ノロからしら、何かしら。もう大丈夫???
すごいダメージって、分かるー。ほんとに凄いよね。でも、blueさんもマルコメ君いるし、ゆっくり倒れてはいられなかったんじゃない?

後は、無病息災の1年だね(笑)

| クミオ | 2013/01/28 7:26 PM |
kotoさんへ

お返事遅くなってすみませんっ
カニですかー。甲殻類のアレルギーもよく聞きますもんね。私も一番最初の食べ物のアレルギーは、蕁麻疹でした。サバとアジのお刺身で。そこら辺から、風邪薬でもアレルギーが出たり、アレルギー体質になってきたような気がします。

牡蠣、大好きだったんですが、毎年1回のチャレンジが2時間後には確実にノックアウトされることが3年も続くと、さすがに諦めがつきました(遅)。
もう食べませんっ!
| クミオ | 2013/01/28 7:36 PM |









http://thatislog.jugem.jp/trackback/1217